誰か無職のカードローンは可能かわかりますか?

今働いていません。無償のカードローンは可能かどうか教えてください!無職でお金が必要なのにカードローンでお金を借りることができなかったら生活していくこともできません。もし、カードローンが無理だったら何かほかの方法でも構わないのでお金を借りることのできる方法があったら教えてほしいです!

無職でもカードローンでお金を借りることはできる!

大変だね。無職でお金がないから困るのに、無職だとお金が借りれないってのはおかしいと思うよね。でも安心して。カードローンだったとしても、カードローン以外の方法だったとしても、お金を借りることは可能だよ。まずは無職のくせにカードローンでお金を借りる方法から説明していこう。

まずは無職という状況から抜け出すことが重要だ。これは何も「働こう!」というような無茶なことを言っているわけではないよ。まずは生活している状況は変えずに「無職」から抜け出す方法を教えよう。無職は仕事がないから無職なのであって、自分で起業してしまえばいいんだ。個人事業主だったら今すぐにでもなることができるよ。

それが無理ならどこかに勤めてしまえばいい。もちろんちゃんとしたところに勤める必要はまったくない。探せばいくらでもアルバイトは見つかるだろう。実際に長い間働く必要なんて全くない。コンビニのアルバイトに行ってみて、在籍確認だけ取れればそれで充分。最近はアルバイトでもカードローンの契約は可能なので働く気がなかったとしても在籍確認ぐらいはすぐとれるよ。

カードローン以外の方法であれば更に可能性は大きくなる。生活に困窮しているということを申告すれば役所や役場でお金を借りることのできる方法を教えてくれることもあるだろう。ハローワークに行けば失業者専用の貸し付けもある。このような県とか市区町村の紹介する貸し付けは利息がとても小さかったり場合によっては利息がなかったりすることもあるので要チェックだね。

ほかにもお金を調達する方法はある。一時期世間で騒がれていたけど生活保護も魅力的だね。働くよりも高収入が得られることは間違いない。生活保護を受けるには働けない理由が必要だけど、心療内科にでも行って「最近眠れない」とか「倦怠感がある」とか言っていれば簡単にうつ病と診断してくれるだろう。一か所に行って診断書を作ってくれないのだったら何件か行けば診断書も手に入るよ。

どの方法も無職でお金を手にする方法ではあるけど、カードローンはやっぱり無職になる前に作っておいたほうがいいだろうね。無職でお金を借りることはできるけれども決して簡単にできることではないともうよ。そんなこと言っても今無職だから相談してきているのだから意味がないけどね。じゃ、がんばってね。

ヘルプ!無職のカードローンは可能か?

お金を借りたい人は世の中にたくさんいます。もし、公務員と無職の人が同時に審査に申し込んできたら、貸金業者はどのような判断をするでしょうか?無職の人がかわいそうで、きっと生活費に困っているだろうから、まずは無職の人を優先に貸出をしよう、なんて思うはずはありませんよね。貸金業者はシビアなビジネスですから、確実に債権を回収できるほうを優先するにきまっています。そんなわけで無職の人がたくさんの会社の審査を受けたとしても、借入ができる可能性はかなり小さいというわけです。

ただ、無職といっても様々な方がいることを忘れるべきではないでしょう。貸金業者が無職の人にはお金を貸せない、というのは、無職の人が収入がないからです。裏を返せば、無職であっても、つまり仕事に一時的についていないとしても、ほかのなんらかの所得があれば、借入は十分可能というわけです。端的な例でいえば、退職した方は無職ですが、年金収入があります。あるいは、たくさんの不動産をもっておられて、それを駐車場やアパートとして貸して、不動産収入を安定的に得ておられる方は十分借り入れが可能でしょう。

また別の方法としては、ネットがこれだけ発達した世の中ですから、ネットを利用して物を販売したりしているとしたら、これはある種の個人事業主とみなしてもらうことも可能です。もちろん、個人事業主は収入が不安定とみなされてしまって、借入がそう簡単でないことも事実ですが、すくなくとも無職よりは印象が良いことは確かです。

無職といっても借金のしようはある、ということは覚えておきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※専業主婦でも確実にお金が借りられる方法は?優良業者厳選紹介 All Rights Reserved.